貸し会議室も管理する上で便利|マネジメントで変わるビジネス

PC

円滑に出来る

マンション建設会社のグループにこだわらない

マンションに入居される方にとってはマンション管理会社選びは非常に重要です。しっかりとした実績のある会社を選択することをお勧めします。基本的にマンションに住む場合、共有部分の清掃やマンション全体のセキュリティ、保守点検などを含めた日々安全に過ごすための管理を行う会社があります。それがマンション管理会社です。マンション会社の多くはこの管理会社と直接契約を行っており、大手会社になると自分たちのグループ会社内に、つまり子会社にマンション管理業務を委託するという仕組みを取ります。そうすることで情報共有や指示の円滑化を促し管理しやすくすることが出来ます。しかしながら、最近ではこのグループ内委託が進むことで管理に甘えが出ているというケースもあります。

マンション管理会社はグループ外でも検討が必要

そのため、マンション管理会社はマンション建設会社のグループだけで選ぶのではなく、外注も検討する必要があると思います。年次総会や月次の理事会などでマンション管理会社の作業実績や予算、修繕計画などの積み立て状況、備品の管理、保守関係の費用が発表されますが、業者との交渉や予算の掛け方など十分に満足いくものなのか、と考えた時にマンション会社のグループであるが故に遠慮があったり情報がガラス張りになっていないケースがあります。そうなると不要な経費を使用してしまったり、住居者の意見が反映されないケースも発生し、結果として円滑なマンション管理が出来ないということにも繋がります。メリットの方が多いグループ内管理ですが、時に理事会などにより他業者も検討しているという姿勢は明らかにしても良いかと思います。